女性の服装に注意しよう

地味な色のドレスとは

結婚式目立たないように、地味な色のドレスが良いと言われています。
具体的にはグレーや紺色、ベージュなどが良いですね。
深い赤や、青も大丈夫です。
白は絶対に避けてください。
新婦のウエディングドレスと被ってしまうので、マナー違反になります。
自分が持っているドレスが大丈夫なのか、きちんと確認してください。

手頃なドレスを持っていない場合は、買いに行きましょう。
前もってマナーを勉強してから、お店に行くことをおすすめします。
お店の店員は買わせることが目的なので、どんなドレスでも良いと言うかもしれません。
あまり意見を参考にできないので、自分で結婚式にふさわしいコーディネートを決めましょう。
勉強していれば、簡単に決められます。

パステルカラーは避けよう

薄いピンク色や黄色は、かわいらしいのでそのような色のドレスを着用したいと考えているかもしれませんね。
しかし、パステルカラーは華やかに見えすぎるのであまり良くありません。
また、真っ赤なドレスも控えましょう。
自分が好きな色のドレスを着たいという気持ちはわかりますが、新郎新婦をお祝いしに行くため、結婚式に行くという意識を忘れないでください。

変に服装が目立ちすぎると、結婚式を台無しにしてしまいます。
嫌な思い出になってしまいので、自分の好みよりもマナーを重要視してください。
地味でも真っ黒なドレスはいけません。
お葬式に着る喪服のようなイメージなので、縁起が悪いと言われています。
黒以外の、地味な色を選択してください。